本文へスキップ

アロマテラピーの方法

アロマテラピーの方法

アーユルヴェーダ講座

アーユルヴェーダ入門講座HEADLINE

アロマテラピーの方法


アロマテラピーは植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)をさまざまな方法で利用し、心と身体のバランスをとることで、健康増進や美容などに役立てていこうとする自然療法です。

ここでは、アロマテラピーに用いられる、精油のさまざまな利用法について紹介します。


■芳香浴法
精油を拡散し、香りを楽しむことにより、心と身体のバランスを整える方法です。

具体的な利用法

こんなときに活用しよう!
1.ティッシュペーパーに1〜2滴垂らしてデスクなどに置く
2.キャンドル式芳香器や電気式芳香器 など、専用器具を用いる


■沐浴法
入浴の際に精油を用いることで、精油の効果に入浴がもたらす効果が加わり、相乗効果が期待できます。

具体的な利用法

こんなときに活用しよう!
全身浴法
浴槽に適温の湯(約200リットル)をはり、5滴以下の精油を落とし、よくかき混ぜ拡散させてから、10分〜15分肩までつかります。
肌の敏感な方やお子さまが利用する場合は、5滴以下の精油を10ミリリットル程度のキャリアオイル(植物油)などで希釈してから使用します。

半身浴法
浴槽にみぞおちまでつかる程度のお湯をはり、そこへ3滴以下の精油を落とします。
よくかき混ぜ、上半身が冷えないようにタオルなどを羽織り、汗が出るくらいまで十分につかります。

部分浴(手浴・足浴)法
洗面器かバケツに、やや熱めの湯を入れ、3滴以下の精油を落とし、よくかき混ぜます。その中に手や足を(手首の上、足のくるぶしの上まで)10〜15分間浸します。


■湿布法
精油を入れた水またはお湯に布を浸してしぼり、身体の一部分を覆い、冷やしたり温めたりする方法です。

具体的な利用法

こんなときに活用しよう!
洗面器に水または適温の湯をはり、3滴以下の精油を落とし、タオルに含ませた上で軽くしぼり、湿布する部位に当てます。



アーユルヴェーダ