本文へスキップ

ギーとは

ギーとは

アーユルヴェーダ講座

アーユルヴェーダ入門講座HEADLINE

ギーとは


アーユルヴェーダで【すべての油脂類の中で最もすぐれたもの】とされるのが、黄金のオイル「ギー」です。

本場のギーは発酵バターを煮立たせて、濾過したものですが、日本で手に入る無塩バターを火にかけて煮詰め、タンパク質と水分を取り除いたものでも代用できます。

ギーの万能ぶりは古代医学書チャラカ・サンヒター第1巻27章で以下のように紹介されています。

「記憶力、知力、消化力、精力、オージャス、カパ、脂肪を増大させ、ヴァータ、ピッタ、毒物、錯乱、疲労、不幸、発熱を除去し、全ての油脂類の中でもっとも優れている。」

アーユルヴェーダのマッサージオイルとしてはごま油がよく登場しますが、内服用にはほとんど使われません。

一方ギーは内服用に使われることが多く、特にヴァータとピッタの鎮静化を促します。





アーユルヴェーダ