本文へスキップ

アーユルヴェーダ医療

アーユルヴェーダ医療

アーユルヴェーダ講座

アーユルヴェーダ入門講座HEADLINE

アーユルヴェーダ医療


アーユルヴェーダの歴史は3000年とも5000年ともいわれていますが、正確な発祥時期はわかっていません。

ただ確かなことは長い時間の流れの中で、時代と共に変貌を遂げてきたことです。食生活の変化やライフスタイルの移り変わりにより医学に対する要求が変わってくることは当然です。

西洋医学では治癒しなかった過敏性大腸症候群や慢性疲労症候群などの現代病がアーユルヴェーダ医学を実践したことで改善されたというような例はいくつもあります。

東洋医学には総じて少なからず懐疑的な眼を向ける人たちがいますが、決してそんなことは無いと思います。ただアプローチの仕方が決定的に違うのです。

インドでは医療行為をビジネスとして捕らえることに強い反発があります。他人の苦しみによって得た富は汚れたものだとという認識があるからです。

アーユルヴェーダは神から人間に与えられた神聖な「知恵」なので、他者を思いやる気持ちを最優先して実践されなければならない、と言われています。

アーユルヴェーダの医師はヴァイドヤと呼ばれ、心理学や気候学、占星術についての知識も持ち合わせています。

現在インドでは、100校を越す医科大学と主要都市には大学院、アーユルヴェーダ関連研究施設のが整備されており、インド国民の8割以上がアーユルヴェーダ医師(ヴァイドヤ)の医療を受けています。




アーユルヴェーダ