本文へスキップ

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダ講座

アーユルヴェーダ入門講座HEADLINE

アーユルヴェーダとは


アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス( Ayus;生命・寿命)とヴェーダ(Veda;科学・知識)が 組み合わさって出来た言葉で、「生命科学」という意味です。

アーユルヴェーダはインドに伝わる伝統医学で、 漢方(中国医学)と並ぶ東洋医学の双璧をなすもので、 ギリシア医学、中国医学、アーユルヴェーダの3つを称して世界3大伝統医学と呼ばれています。

古代インドを発祥として、約5千年の歴史を持ち、中国 、ギリシャ、アラビア、チベットの医学にも影響を与え たと謂われています。現存する文献として最古のものは 紀元前6世紀頃に編纂された「チャラカ・サンヒター」があり全8巻120章から成ります。

アーユルヴェーダ は紀元前8世紀〜紀元10世紀頃に盛んだったと謂われますが、その後解釈や技法が様々に解釈されるようになって行きました。

こうした中、1980年代初めにアーユル ヴェーダの指導的な医師達が集まり、散逸して行ったア ーユルヴェーダの知識が再編され、更にこれに現代医学 の立場から科学的な検討が加えられて、改めて世界で注 目を浴びるようになりました。

アーユルヴェーダでは健康と治療を大宇宙との関係性の中で捉え、様々な角度から網羅しています。ですから医学はアーユルヴェーダの体系の一部分を形成するに過ぎません。

アーユルヴェーダへの理解を深めるには、占星術・瞑想・ヨガ・マッサージ・音のセラピーなどなど様々な要素にも注目すると良いでしょう。




アーユルヴェーダ